05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

Empty Space

日々の出来事とか 創作のネタなど 気ままに書きます

わかった 

イールがよく分からなさすぎて(笑)脳内であれこれこねくり回した結果……。

本気出してこの子を描こうとすると、それは「ホワイトフィールドではなくなってしまう」という結論に辿り着きました(何

詳述しようとすると未公開の過去編の内容に踏み込まざるを得なくなるのではしょりますが、ようはこの子が持っている意識や感覚のトーンが、「ホワイトフィールド」という作品には馴染まないということ。
そもそもこのタイトルの意味は、何も刻み込まれていないまっさらなフィールド、可能性に満ちた未来、といったような暗示を含むんですね。
全く知らない海の向こうの世界に漕ぎ出していった主人公たち、その先も未知の世界を生きてゆく彼らのことが当然念頭にあるわけなんですけれど。
そのせいなのか、単に子供の頃の自分の作風なのか分からないんですが、戦争して誰かが死んでいくような話でも、どこか救いというか、強く光に向かうようなトーン(……えらく感覚的なイメージだけど)がベースにあるような感じで。
本気でイールを中心に据えて書こうとすると、ぶっちゃけ暗くなりすぎて;、それがなくなってしまうのでした。
何せこの子、超絶冷静で冷徹なリアリストなもんだから……(過去編書いた時に何かそうなった……元からその傾向はあった気がするけど) 絶望的な状況では、絶望しかない、っていうのが普通に直視できてしまって、救いのカケラもない感じになる;;;
少なくとも今の自分ならそういうイールの意識と実感を物語として追うことは可能に思えるけど、どうにもね、たとえ外伝として分離させても違和感あるくらいにトーンが変わってしまうのです。
だから書けない……書かない方がいいかな、という結論に至りました。

ちなみにどうにも説明しにくいのだけど、イール自身の意識がどんなに暗く冷たいところにあっても、見えないところに光が差すというか、何か非常に明るくて透明なものに守られているような感じがあって(……超感覚的な表現)、だから結局、意識しないところで勝手に希望を見つけてしまえるような感じです。
それはたぶん本当にイールの性質の一部なのだけど、本人にとっては自分の中身と言うよりは、外側の世界がそうであるような見え方をするんじゃないかな。
だから「ホワイトフィールド」の中で書く時は、彼の意識や思考そのものに焦点を当てるより、見えているものを叙述するような感じ(一人称も実はこれに近い?)になるのかなあと思います。(それか外側視点で書く……これが一番簡単;)
……ただ問題点は、意識や思考の内容が書けない=イールの行動の理由が全く説明できない、ということなんですが! 未来編の中で彼は(彼に限らないのですが)ある大きな決断を迫られるのですが、彼が選んだ答えの理由を、大事な(読んでいて気になりそうな)ポイントだというのに一切説明できないという……。
彼の見ているものや叙述の端々ににじませるような感じで書こうとはしていますが、どこまで伝わるのか!? といわれると……うーん。
そもそもその答え自体たぶんふたつあるし、イールが考えた内容の明示を避けたままで果たしてどこまで書けるんだろうか。
(……そしてなんか、過去編の時にイールのことがあまり上手く書けずに抜けてしまったのも、たぶん同じような理由なんだろうな……)

まあ、ここまで整理できたのでたぶん最善は尽くせると思います。
そしてこの場面が終わったらいよいよ後半……ルージアはここまでわかりにくくないよね!?;;
(主人公なので流石に大丈夫……なはず!)

Posted on 2017/06/27 Tue. 22:08 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

27

難しい…… 

結局3~4話の穴埋めがあまり進まず、なぜか第5話に入ってみる。
そしてやっぱり難しい(笑) いや予想できたことだけどね!?
イールが書きづらいと言うより、状況設定が特殊すぎてう~んってなってる感じです。とりあえず軽く数十人はいると思うんだけど、どこにどうやって集合してもらえばいいんだろう!? みたいな……(そこかよ

書いてみた今のところの手応え、……意外とイール、怒ってる? ってなった(何
思ったより語りが冷ややかっていうか……(別に一人称ではないんだけど) 上層の考え方には全然、納得してないような感じするなあ。
書きづらいと言うより、書こうとしてた要素がはまらない感じ? になってます。
もう少し迷いとか、師匠さんとのやりとりとか想定してたんだけど。
ごくごく冷淡に自分の仕事をこなすだけ……みたいな雰囲気になりそうな……イールってそういう子だったっけ?
まあ外側から説明を与えようとすると撥ね付けられるのは昔からだった気もするけど……。ううん。

悩んでいるうちに今週は終わりそうです。
早めに完結させたいんだけどな;;

Posted on 2017/06/25 Sun. 19:18 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

25

ふしぎ 

カクヨムさんにて、作品の公開を始めたのはいいんだけれど、アクセスがまだほとんど(各話平均3件くらいしか)ないのに、2件フォローいただいているようで、??となっている今日この頃。
いや、素直に受け取ると見た人のほとんどがフォローしてくれてる計算になってしまうので……。フォローってそんなにじゃんじゃんする物なのだろうか? それかわりと皆さん、中身読まずにフォローされてるんでしょうか?
いいとか嫌とかいう話ではなく、流儀が分からないので困惑しているだけなのですが。
あと仮に中を見ずに、作品紹介だけみて「とりあえずフォロー」する方が意外と多いとなると……騙してるんじゃないかと心配になって!;;; キャッチコピーに使っている台詞は、実際作中に出てはくるのですが、すごいさらっと出てくるだけなんですよね……。勿論興味を引くために狙ってその台詞を(インパクトがあるので)引いてきているのですが。
それで期待される物を提供できる話になっているのか、ということになると、全くよく分からないのでした。
まあ何にせよ、フォローしていただけるのはとっても嬉しいのですが!!
(しかしこの、フォロー数とかアクセス数とか否応なく表示される仕様は流石というか……かなりプロ志向っぽいなカクヨムさん、って思う。営業感覚を養うという意味でたいへん勉強にはなるものの、ここに載せる作品はあまりそれを意識したくないような気もして、うーん……)
ついつられて、当面の目標はアクセス数を上げることかなーなんて考えつつ(作品数が膨大すぎてただ公開してるだけでは読んでもらえない)、まあオチが大事な作品なのでまずは完結させてから、と思っている現状です。
……でもそんなことより先にホワイトフィールド完結させねば……とも思っている。むしろそっちが優先課題。

そのホワイトフィールドは、現在前半3~4話目の穴埋め中。
この土日に少なくとも前半は完結させ、後半に入りたいのだが、いけるだろうか!?

Posted on 2017/06/23 Fri. 23:51 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

23

リンクしてみる 

先の記事で書いた作品のリンクです。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054883306534

……たぶんこれで飛べる? 飛べるはず!?
もともと友達にネタをもらった作品で、最後まで公開できたら本人に連絡とりたいなと思っているのですが(大学時代の友人で、五年以上音沙汰ないのでとれるかは不明……)、その時にリンクが張れないと困るので、試しにこれかな?というアドレスを貼り付けてみました。
まあこのブログにリンクを張る方法がこれでいいのかってほうの問題もありますが……;;
先回よりはちょっとだけ話が進んだので(笑)気が向いたらクリックしてみてくださいな。主人公突き刺されて終わってますが!(何

さて、ホワイトフィールドのほうは、未来編2話目の穴埋めまで終了。
3,4話は粗く埋めてあって、問題は第5話だ……。前半の最終話、ここだけ一旦ヒロインを離れて、イールの足取りを追う感じになるんですけど。
イメージはかなりあるものの、上手く書けるかどうか……。
どこまでイールが喋ってくれるかも、書いてみるまで分からないしなあ。この子は一人称に寄せたほうが書きやすいかもとか思っていたりはするのだけれど。

引き続き頑張ります。

Posted on 2017/06/18 Sun. 11:49 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

18

はじめてみた 

というわけで(?)、「太陽の姫 月の石」の連載、スタートしました!
……藪から棒にすみません。ここでは何も書いてなかったですね。

少し前(つっても一週間ちょっと前?)に小説投稿サイトに登録して、掲載準備を進めていたのでした。
ホワイトフィールドとこれはどこかで公開したいな、とずっと思っていたのですが、ふとなんとなくその気になりまして。(相変わらずの適当ぶり)
自作サイトはやはり管理しきれない気がして、最初はぴくしぶに載せたいなと思っていたのですが(……ついでに皆さんの絵が見たいという、それだけ!)、改めてみると長編を載せるにはかなり使いづらそうで、雰囲気も私の書くようなものとは全然合わないな……ということで「カクヨム」さんに変更。
ここに決めたのは雰囲気(サイトそのもののデザインとか掲載作品の感じとか)が比較的好みっぽかったのと、長編連載がしやすそうだったこと、何より「傍点が使える」というのが実は最大のポイントだったのですが(笑)
たまに使いますからね、傍点……。
実際使ってみて、使い勝手はかなり良くて、いいなと思っています。まだあんまり機能とか理解できてないんだけど(笑)

というわけで「カクヨム」さんにて、「沙倉 結」名義で連載中です(名前変えたのは何となく)
まだ2話しか載っけてないのであれですが、よければのぞいてみてもらえると大変嬉しいです!
(……リンクとか張ればいいのでしょうが、そのやり方もよく分かんなくて、割愛;)

ちなみに裏では最終話まで掲載準備を終えているのですが、幾つか天文学的な間違いを見つけてしまったのもあって(……天文学的なスケールの間違いという意味ではなく、文字通りに天体の運行に関する間違いです)週一で2話ずつ更新、ということにしています。
といっても出来ればこの土日で修正を終えてしまって、後は機械的に確認&更新をするだけという状態にしたいのだが……どうなるかは謎。

Posted on 2017/06/10 Sat. 17:07 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

10