07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Empty Space

日々の出来事とか 創作のネタなど 気ままに書きます

広がってる 

結局掲載用の編集よりも先に、ルースさんメインの外伝を書き始めているという……。何故に!?
ていうか、未来編もまだ穴だらけでキレイにはなっていないんだけどな(笑)。まあ外伝とは思い切り繋がっているのでここはそう問題は無いのですが(あまり違う話に飛んでしまうと、戻ってこられなくなる)

中心はイールやルイーザさんのことになりそうなのですが、最終的に書こうと思ったのは実は、アイゼムにイールが言ったエーレの言葉をルージアがルースさんに伝える、という関係人物多すぎのミラクルシチュエーションが成り立つかも知れない、と気づいたためです(笑)
そことそこが繋がるんだ!? みたいな……。でなんかその気になってしまったという。
まあそのシチュエーションが丁度、ルースさんをメインと考えた時にいい帰着点となりそうで、帰着点が見えた話から書き始める気になるというのは一応我ながら進歩しているのであろうか。昔は何でも思いついたものから書いて、迷子になることが日常茶飯事だったので(笑)
あとこの話タイトルに虹が使えそうで、ホワイトフィールドのタイトルって色名縛りなんですけど、虹色は使ってみたくても今まで合う話がなかったので、最後にこれだと良いな! ていう(そんな理由)

ルースさん視点だとイールのことが客観的に説明できるのが楽しくて、あとリーエは知らない、理解できなかった基地の事情や運営状況なども書けてしまうので、面白がって回想ばっかの謎の構成になってるけどまあ外伝だからいいやってことで……(雑)
ルースさんは流石に大人なので、使える言葉や視点にあまり制限がないんです。リーエだとやっぱり、ここまでは見抜けないかな、これは理解できないかな、っていうのを避けながら書く感じになるんですが……。ルースさんならイールが表に出さないか、自分でもあまり理解していないようなところまで、するっと言葉に出来てしまったりする。
ただし、わかるからと言って器用に対処できるわけではない、というのがこの人のようで。無駄にジレンマ増えてる感じ(笑) どうにもならないことをずーっとぐるぐる考え続けてたり、結構暗いというか、どうしようもない人だったりします……。それを書くのが楽しいんだけど←
というか、こういうの書くの面白かったんだなあ、と思い出してきた感じ。良い感じに昔の感覚が戻ってきた?

前半部(たぶん)はざっくり流れは見えていて、これから後半部。前半はイールのことが中心だったけど、後半はルイーザさんとのことがメインになるかな?
さらにぐだぐだになりそうで、楽しみです(おい

まあしかしこれは早めに仕上げて、今度こそ掲載用の編集に戻りたいところ。
ただ実は頭の中でもう二つ、外伝を書かなきゃなあというのがあったりして……。短編でさらっとした話の予定なので、掲載準備できてから追加する流れでもいいくらいなのですが。
本編にも追加したい外伝が一つあるし、まだまだ道のりは長いです……。
というか、広がりすぎ;;;

がんばります……。

Posted on 2017/08/21 Mon. 12:04 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

21

書けたー! 

未来編の前半、ようやく最終話まで書けました!

……書けたというか、書かなかったというか?(何

イールが死ぬ場面は、こう書く! と決めていた文章が幾つかあったのですが、全部没にして;;;
そもそもイール視点をほとんど入れないような簡潔な書き方でまとめてしまいました……。うう。
なんでいつもいつもこの子は上手く書けないんだ……と思いつつ、まあ今回に関しては、無理に本人視点で書くよりこの書き方が正解だったかなと思います。

たぶん、最初に考えた時と想定がズレてしまったんだよね。
本当はこの子、兵士をやめているはずだったのですが、世界観と状況を色々考えるにやめさせるわけにいかなくなり……。結局かなり兵士っぽい行動をとらせた結果、ラストシーンの想定が合わなくなったという。
まあありがちなことかも知れないのですが、リーエに関しては想定で考えていた文章どおりで見事にはまったのになあ……と思うと、やっぱり彼女は主人公待遇?
あとはまあ、イールは過去にこだわらない方が良いのかなって言う……色々な意味で。死ぬ時とくに何も考えてないのが正しい気がするんだよね;;;
となると必然的に本人視点では書きにくくなり、第三者視点になるという。うっかりイールだとすら明示しない書き方になってますがまあ、察してもらえると思ってます……(待て

1,2話の書き直しをした時に、思ったよりイールについては書けた気がするし、バランスでこれでいいのかなあ。
つか、てんとう虫のくだりのせいでエーレに再会させる必要性を感じなくなってしまった気がする……。本人が意識しているかどうかはともかく、まんまエーレいるじゃん、て。

イールのことはもし本気で説明しようとするならルースさん視点なら出来るかも知れなくて、かつ、ルースさんって子供達の前ではかっこつけてるけど(?)結構中身ぐだぐだで面白い人なのでいっそ一回ルースさんをメインに据えて書いてみたい……とか思い始め、また話が広がってるやん! てなってます;;;
もっとも若くても三十代半ばくらいの想定の男性をきちんと書けるのかといったら……? まあ中身子供みたいなんですけどこの人。むしろルイーザさん編の時にイメージした二十歳なるかならないかくらいの青年? 少年? を核に表面だけ無理やり大人にした感じで書いてるので(あくまで私の中での想定の話)、書いてるとなにもなくても笑えてくる面白い人です。あくまで私にとって。
……だいぶひどい作者でごめんなさい。

まあそれはともかく、ここまでいけたのであとは飛んでいる細かい描写を整えつつ、ウェブ掲載用に編集していこうかなというところです。
スマホとかで読んでるひともいるから1ページが長すぎると読みづらいってのを見かけて、まあ確かにね、と思ってて……。私が普通に書くと一話が概ね6~7千字台? 長い時はもっと? になるようなのですが、他の方の作品とかも見るに長くて五千字程度に抑えた方が良いのかなあと。
若干面倒くさいけどせっかくなので、一度そのつもりで編集してみようかと思っています。
本当は段落こまめに区切った方がさらに読みやすいらしいのだが、文章が劣化するのでそれはやらない……。物理的に切らなくても読みやすいようリズムを作って書くのが本来では? というところは、譲りたくないので。

若干迷うのがこのタイミングで本編に戻るか未来編を先に編集してしまうかですが、まあそこは気まぐれに行きます←
早めの公開目指して、引き続き頑張ります。

Posted on 2017/08/14 Mon. 23:45 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

14

新発見? 

ホワイトフィールド、公開を始めたのは良いんですが、途端に休止しました!(待てや
いや、実際いつまともに続き載せられるかわかんないので、一応そう明言しておこうかなと……思って、「近況ノート」のほうで休止宣言;;;
本当は、未来編さえ片付いたらあとは本編に戻って、少しずつ修正しつつ公開しつつ、っていう流れを考えていたんですよ。だけど一話だけ公開してみて……このやり方、めちゃくちゃ気持ち悪い! ってなって(汗
『太陽の姫~』のときもちらっと思いはしたのですが、どうも自分は連載が嫌いなようです……。載せるなら一気に載せたい派。本読み出すと大抵一気に読んじゃう派なのと関係しているのかどうか、わからないのですが。
本当にリアルタイムで書いているならともかく、ホワイトフィールドの場合は、ちゃんと全体をキレイにして未来編まで掲載準備を終えて、その状態から公開を始めたい。流石に一気に全部は多いから、本編、外伝群、過去編、未来編の4回か、過去未来はもう少し分割するか、それくらいのペースかな。
そういうやり方をしようと思うと、実際に続きを公開出来るのがかーなり先になりそうなので、休止宣言となったのでした。
本当は公開した一話も消そうかとも思ったのですが、まあ、載せちゃったし、これは単独の短編でもあるからいいや……と(適当

タイトルに新発見と書いたのはそのことではなくてですね。
投稿よりカクヨムでの活動を主軸にしていこうと思い立ってから、色々考えていて。当初カクヨム自体「過去作の置き場」として位置づけていたので、ホワイトフィールドも「古い未熟な作品ですが、自己満足で」置いておきます、ぐらいの気持ちだったんですが。
カクヨムでの活動をこの先本気でやっていこうかと思った時に、「ホワイトフィールド」だけその認識ってのもやりづらくて、この作品についても、本気で”売り込む”つもりで載せないと駄目かな、と思ったんです。(注:と言っても中身のレベルは変わらないので、作品紹介とか見せ方の意識だけの話……)
そのつもりでタグとか紹介文とか考えていた時に、ふっと気づいたのが、この作品の特徴は「日常性の重視」であることかなあって。
自分の中ではミリタリー系なのが珍しくてついそういう紹介書いちゃうんですけど、なにも知らない人にミリタリーものです! っていったら、想像されるものと違うだろうなあと。なにせ、あまりバトルをしていないので;
そこまでの認識は今までもあったのですが、だからミリタリーとは言いにくいな、ではなく、逆にもう一歩踏み込んで「ミリタリー系だけど、日常感重視」と言うと作品のイメージが伝わるかなと。

そこに気づいた時に、「あれ、そもそも自分の作品の特徴は”日常感の重視”だったのでは?」と思ったんです。

動きの多い展開とか、格好いいバトルとか、ハラハラどきどきの事件の連続とか、苦手で。
ある特異な状況に向き合う人々の、日々感じていることとか、見ているもの……それをただ丁寧に描き出していくのが好きだったんじゃないかなって。起きている事件そのものは二の次というか、盛り上げ役に過ぎない感じで。
まあだからこそそれを一連の流れとしてどこかに帰着させるのが下手で、今まで「投稿」を通じてやってきた修行ってそれだったんじゃないかなと思うんですけど。
それはあくまで修行であって、書きたいものとは、違うかなと。(投稿となると闇や悪意を書かない=人物の内面描写が薄くなる、という現象も、得意分野を無視してストーリーの動きばかり追求してきた結果じゃないかな……と思う)

なぜかそういう修行を続けているうちに「日常モノは苦手」て自分では思っていたんですが。
私が好きなモノ、書きたいものは、むしろ日常系だと思った方が良い。
ただし学校舞台とか、狭い意味での本当の「日常モノ」は確かに苦手で、それはそういう一般的な日常で一般的に感じられる物事に自分が共感できないからだと思う;;; だからひねりは必要になってくるんですけど。
突飛な状況設定を生きる人々の、ふつうの日常を描き出すような。そういうアプローチが、自分は好きなんだと。

それを考えた時に、やっぱり自分の作品としては『竜の宝珠』と『胡蝶~』が主軸になっていくのかな? と思う。
ちょうど白と黒みたいな……(何)。『竜の宝珠』(と言うタイトルではなくなりますが)は9世紀頃のフランス(たぶん)をバックグラウンドにした歴史系ふんわりホワイト日常話、『胡蝶~』は滅び行く世界を舞台にしたダーク系日常話みたいな。
(なんで白と黒が必要なのかというと、偏ってふんわりしたものばかり書いていると自分が飽きそう……てだけ……)
『胡蝶~』は事件を中心にした動きのあるものを考えていたんですが、これも投稿、プロ向きと考えているうちにそうなっただけで、日常モノとして意識した方が当初のイメージに近いんですよね。本当は。
まあ、その方向で脳内設定いじってみたら何故か輪をかけて理不尽系の怖い世界観になったんでちょっと採用するかどうかはまだ微妙……。

ディルム(ダムキナ)もギリギリ日常方向への転換が可能そうな作品なのですが、実はこれが不可能なのがフィオナの話とクロードの話……なんですよね……。
フィオナの性格で日常は私がイメージ追いつかなくて書けない(笑)し、クロードの話はね……さすがに14世紀の日常をリアルに描き出すのって難易度高すぎるでしょうって言うね……。
この二作だけは引き続き事件重視で、それも勉強で、書き直そうかなあ。
本格的な歴史物と日常モノは相性が悪そうなのが残念です(ファンタジー方向に振れば別)。まあ、本格的な歴史物は労力がかかりすぎるので、それこそ専業作家にでもならないかぎり難しいかもしれませんが……。

発見を書き留めようとしたら、やけに長くなってしまいました。
しかもあまり十全に説明できている気がしませんが、まあ基本自分用メモなので、すみません……。

Posted on 2017/08/11 Fri. 01:41 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

11

ひとまず公開 

というわけで(?)カクヨムさんにて、「ホワイトフィールド」の掲載を始めました!

始めたというか、再開したというか……? な気分ですが(笑)
とくに第一幕(今回位置づけが「第1部第一幕」になっていますが)の短編は、相変わらず手を入れようとしてもなかなか手を入れられない作品で、結局昔公開していたのとほとんど変わっていません……。
変化があるのは二幕からなので、お楽しみに!
とか言ってみたところで、二幕をいつ載せられるかよくわからないという駄目っぷり……。駄目じゃん。

結局未来編を1から書き直すことにしてしまったので、色々とめどが立たなかったりします。
まあ直すのは前半1~2話が中心かと思いますが。そして1話はもうだいたいできている……。
最初からもう少しリーエの心情(特に影の部分)に踏み込むことを目指しつつ、部屋片付けててたまたま見つけた大学の文芸サークル誌の先輩の文章見て「ああ、こういう心理描写あるの好きだったな」とか思い出しつつ、面倒な解説はルースさんに押しつける方向で(おい)やってみたら大体上手くはまったかな。
イールとリーエに共通点を見つけられて、それが上手く描写の鍵に出来た感じです。リーエの心情を大分それらしくできたのと、あわせてイールの方も、かなり目指していた雰囲気に近づけたような。共通項でくくって割るとうまくいくって、そういえばそんなこと昔発見してたな自分……。(珍しく数学?)
そんな昔の大事なやり方も、思い出してみたり。

2話を差し替えるか、現行ベースで行くかを迷っているのですが、気分的には差し替えたい感じかなあ……。ストーリー的には本当は変えなくても行ける気はするのですが。
引き続き色々試します。

Posted on 2017/08/06 Sun. 01:18 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

06

む、むずかしい…… 

で、相変わらずホワイトフィールドの未来編の前半最終話を埋めようとしているんですが……
全然埋まらないー(泣)

たぶんこれ、頭っから書き直さないと駄目だな……と思い始めました。ひゃー。
もうちょっとイールの性格のイメージを鋭い感じにしたいんですよね……。本来この子、意識の速度が凄く速い子なので。(またよく分からん表現になるけども……)
それに決して、「安定した」性質の持ち主ではない……。むしろ先鋭的な、ギリギリ危なっかしいところに居るような感じ、それなのに平気で笑っていられるところがこの子の怖いとこなんだけど。
描写のしようによっては本当にただの落ち着いた優しい青年としても書けるのだけど(現行は割にそれに近い)、それだと彼の死に全く説得力が出なくなってしまうことに気づいたので。何かしら裏を見せる工夫は必要になってくるなと。
ただし書きすぎるとリーエの物語との相性が悪いので、たとえばイールがどんな目線で今の現実や子供達の未来を見ているかとか、そういうことは書けないと思う(どちらにしろリーエでは理解できまい……)。だからやっぱり、最初にリーエが居た世界をイールが否定する……それをもっと鋭く、徹底的にやらせるべきなのかな。
リーエのために必要というレベルを超えて、イール自身の絶望が伝わるような……。ただかなりはっきりした切っ掛けがないとイールが攻撃的な言動ってとらないと思うので(それが似合わない子ではない)、想定するとしたら……お母様のことかなあ?
言葉としては多分違うやりとりになるので、バックグラウンドとしては、って感じなんだけど。
合わせてリーエの側でも、母や仲間達の死への認識、現行ではかなり曖昧にさせてるけど、もうちょっとしっかり描いてもいいのかなあ。ただここはリーエに現実をしっかり受けとめさせるというより、上手く目をそらして無かったことにするような、そっち方向の処理で考えておきたいんだけど。(喪失の実感と決別というテーマは、後半のラストでやらせたいため、冒頭で同じことをさせたらへんになってしまう……)
もともとリーエは大人達にある意味いいように使われてた感じで、大事にはされてるんだけど、この子自身としては見てもらえてない感じ。そういうことも出来ればもう少しはっきり描写したいものだけど。

あれこれ考えてはいるものの、一から書き直しとなると……また相当かかるなあ?
まあいいけども……。

Posted on 2017/08/02 Wed. 22:17 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

02