09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Empty Space

日々の出来事とか 創作のネタなど 気ままに書きます

書こうと思ったけど 

今日は定時で帰れる日なのでお話を書こうと思っていたけれど、何だかんだ家のことをやっているうちに九時過ぎてしまったのでまあいいか……っとなっている……。
ここんとこ相変わらずお天気が良くない=気圧が下がりがち=体調がよくないというのもあるのですが、今日に限っては比較的安定しているので、ただ単にノリの波が来ていないだけ……。
というか、この前ちょうど後半の三話まで穴埋めを終えたところで、そして四話からは思い切り核心に入るので、今書き始めちゃうと止まらないよっていう(笑)
今週はおとなしく仕事と家のことをして、週末に頑張るかな……。明日は明日でお天気が悪いようなので、今日夜更かしするのはなかなかに危険ではあるし(睡眠不足と体調が必ずしも連動するわけではないのですがまあ、寝ているに越したことはない……だろう)

もう少しだけ、先の話になりますが、そろそろこのブログも心機一転しようかなと思っています。
ホワイトフィールドを書き上げて、カクヨムでの活動に力を入れられる状態になったら。カクヨムの方とHNも統一して、連動して運営していこうかなと思っているのです。
カクヨムにも「近況ノート」という日記的な機能はあるのですが、あくまで公開のお知らせ板みたいな雰囲気で、作品の裏ネタとか好き勝手書きまくる感じではないので(笑) もう少し自由にやれる場所として、ここを使っていこうかなと。 
まあ結局今とそんなに変わらないかもしれないのですが(笑)
ただカクヨムと連動させるということで、読者(どれだけ読んでもらえるかはわかりませんが!)を意識した、もっというと公開の場に発信することを意識した、不特定多数に向かうツールとしての書き方になっていくと思います。少なくとももう少しネタバレとかは気を遣うかな(笑)
その時になったら過去ログは一旦、吹っ飛ばすつもりです。あとブログ名も変える。

今のブログ名「Empty Space」(今片仮名でエンプティて書いたら変換できたえいとっく君の賢さにびっくり……)は、適当につけて調べてないので間違っているかも知れないのですが(待て)、たぶん、空白のスペース、という意味。
「これまでの自分」と、「これからの自分」の間にある、空白地帯、みたいな意味でつけていました。実は。
今のブログを始めた頃個人的に色々あってぐちゃぐちゃになってて、一旦リセットしてまた新しくやり直すために、目指す自分とも積み上げてきた自分ともちがう、空白の期間が必要な気がしていて(ひらたくいうと「人生の休憩時間」みたいな感じ、なんでしょうか……)。
だからこの場所も、何処に向かうわけでもない、何処にも繋がらない、空白の場所というイメージで。読み手を意識せず、公開を意識せず、完全に勝手なつぶやき(自分メモ)の場として使っていました(……それが結果的に創作メモ帳と化したのはまあ、自分だからしょうが無い←)
だけどもうかなり前に、いつからって明言できるものではないですけど、「新しい自分」はとっくに始まっていて。だからそろそろ、作品のウェブ公開を再開する機会に、ブログも昔の在り方に戻そうかと考えています。(って、『太陽の姫~』は既に公開したんですけども! 単発で終わっているせいか、あまり再開した!って気分になっていない……;)
それこそ高校生とかの、サイトのおまけで日記を書いていた頃かな。日記なんだけど顔も知らない不特定多数の(まあ主には交流のあるウェブ友がいましたが)読み手に向けた、そういう文章を書いていた頃。

まあまだホワイトフィールドの後半仕上げ中なので、もう少し先の話にはなりますけどね!
色々動いていきたいと思います。

Posted on 2017/10/18 Wed. 21:52 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

18

今後の計画 

なんだかここ数日暑いですね。
そのせいなのかどうか、すっかり体調狂い気味の今日この頃です。今日は仕事休んでしまった……一日寝てて、やっと安定したんですけど、これから夜寝られるのかすごく心配;;
自分の場合、喘息なんですが、おとなしくしている分にはあまりなんともないんだけど動き出すと苦しいという感じで、出勤できるのかどうか迷うことが多いんですが(ぶっちゃけおそらく、行こうとすれば行ける。それで仕事になるかはともかく)。
息苦しいのはいつものことなので(はっきり息が出来ないというようなレベルではなく、なんだか深く吸えなくてぼーっとしてしまう、くらいのかんじ)どのくらいの症状だと休むっていうのが、余計難しいんですよね-; 最近はもう、理由もないのに行きたくない=これは体調が悪いんだ! と思って、休むことにしていたりします……。
(実際休んで外れたと思ったことはないのですが。昼過ぎには完治してしまって、半休にすれば良かったかなと思うことはたまに……でも実質そこから支度して行っても定時まで1~2時間しか無いから、まいっかって思う……)

自分の場合、どもう軽い感覚過敏があるらしく、小さい頃から嫌だとか気持ち悪いって感覚を訴えても笑われるだけのことが多かったりして(冷たい反応というわけじゃないんですが、根っから「そんなわけない」「それは間違ってる」なんですよね……)、そのせいかどうかはわからないのですが、どこまで苦しかったら「苦しい」なのか、これは本当に「痛い」のか、ということが基本よくわからなかったりします。
まあでもそんなノリで異変を感じつつも「まあ大丈夫っしょー」と流してきた結果が今の状況なので、最近は甘えてるかなというくらいのところで休んでいたりする……。職場は基本許容してくれてる感じで、助かっているのですが。

さて、書こうとしたのはそんなことではなくて。
気の早いことにホワイトフィールドを書き終えた後のことをまたつらつらと考えていて、やっぱり胡蝶よりも、思い切って歴史版竜の宝珠を書こうかなあとか思い始めていたりします。
この先自分の人生の中で創作に割ける時間がどれだけあるかわからないなかで(いきなり大きな話になったな!)、限られた時間の中で、優先順位を付けるならって考えた時に……一番書きたいのはやっぱり、竜の宝珠かなって。
その次がクロードの話、その次くらいが胡蝶かなって思ったりする……。まあその、勉強が追いつくかどうかとか、その辺は無視しての話なんですが!
でも準備に時間がかかるからって後回しにしていて書けなかったら後悔するので。一番やりたいことを、やっぱり先にすべきだろうと。
しかしホワイトフィールドにしろ竜の宝珠にしろ、結局中学生時代に書いた(書き始めた)作品が本音では最優先のような気がして、それはやっぱり自分の根本が現れているからなのだろうか……。一番時間あって沢山書いていた頃だし、プロとかもまだ考えて無くて、余計なフィルターが何もない頃だったからな。
あと胡蝶の場合はもっと思い切り中二的な(この表現自分はピンとこないのですが、あえて言うならこれが近そう?)作品にしたほうがいいかもしれなくて、でも今それ書くのって逆にハードル高いよっていう(笑) リアル中二の頃に書けば良かったのかも知れません……!(たぶん絶対、完結させられなかっただろうが。笑)

あくまで理想的には、ホワイトフィールド書き終えて連載モードに入ったら、平行して竜の宝珠の勉強開始。
で、この作品に関しては必要な知識の量がある程度限られてくるので(舞台が固定で動かないし、架空の人物・場所を使うため)、一定の基礎知識を付けたら、執筆開始。
この話は短編連載形式でゆるゆると長く書いて行けたらと思っているので、軌道に乗ってきたところで、平行してクロードの話のための勉強も開始。(竜の宝珠自体の追加の勉強も続けていくかとは思いますが、そっちはほどほどでいい……はず!)
クロードの話はがっつり実在人物出てくる(しかも政治の中心に絡む)し、歴史上の事件使うし、当然場所も実在の場所でかなり広範囲に移動もする……一体どれだけお勉強が必要なのか!? なお話なのですが。チャレンジ要素も強いですが、やっぱり歴史学をやってきた以上?、挑戦したい気持ちはまだあるので……。
ある程度知識が付いて、書けそうになったら、おそらくいったんは竜の宝珠を中断して(その時まだ書いていたとすればですが)、クロードの話は短期集中で一気に書くことになるかなと。
そんな計画を、ぼんやり頭に浮かべていたりします。

まあ何にせよまずはホワイトフィールドの完結なのですが。
現状まだ未来編の後半と外伝が文章きれいになってないので、まずはそれを書き終えて、終わったら本編に戻ってウェブ掲載用編集開始。本編が終わった段階で公開に踏み切るか、過去編も編集してからにするかが多少の悩みどころです。
あと本編に一つ、過去編に一つ(これはまだ少し悩み中)、未来編に二つ(三つ?)外伝を付けたしたいなっていう……(笑) 相変わらず謎の拡張性。
どれも短編の予定なのでさらっと書ける……と、思うのですが。たぶん。

あと未来編の関係で一度帆船に乗ってみたいなっとか思いだしていたりして……。
やりたいことだらけですね。
頑張ります。

Posted on 2017/10/11 Wed. 20:49 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

11

寝ている間に 

ホワイトフィールドは寝かせておいて、この土日は割と写真で遊んでいました。
東京まで写真展を見に行ったり、なぜか新しいカメラが欲しくなったり……(おい 撮りたいものの方向性が見えてきたのは喜ばしいことではあるんですが。 
あと一ヶ月ほど前にカメラ友達と遊びに行った時の写真をやっと皆に送ったっていう。今更。

土日に多少書き進めることもできたのですが、何となくしばらく寝かせておきたいモードが発動していて、手を着けていません。
ここから先は少しリセットしてから、また新鮮な気持ちで書きたい感じかなあ。説明的な部分も含め、しっかり作品に入り込んで書けるように。
で……その間なぜか、胡蝶のことについて考え中です(笑)
ホワイトフィールドの連載を終えたとして、次に手を着けるのは胡蝶かなあ……と思っていて。気が早いですが。(竜の宝珠の歴史版のほうはまだ、色々取材が必要なので。パッと書けるのは胡蝶の世界の方。私の場合、世界観って結構重要なんです)
かなり大きく(ファンタジックに)物語の前提をいじるような方向性も考えてみたのですが、リアリティが薄れると自分の場合は燃えない(笑)というのに気づいて、結局、大筋は前に書いた時の想定を生かしつつ手前に短編を付けたすようなイメージに今のところ脳内ではまとまっています。
ちょうどホワイトフィールドが最初は短編で始まっているのと似たイメージで。13歳ぐらいまでのイザヤとトウカの物語を一旦書ききって、その数年後から改めて物語がスタートする感じ。
で、その最初の短い物語部分がドロドロに暗いって言う……(笑) ここはもう一切救い無く終わる感じ;;;
その先はまた以前と同じく、穏やかな空気で始まるのですが、この最初の前提があることでイザヤの描写に関して段違いに深みを持たせられるかなあと。傷つけることを過剰に恐れる一面や、トウカへの感情の本質とか……それらの根源が感覚的に説得力のある形で明確にできるかな。
いや、改めて考えてみるとイザヤが「なんで」こういう子なのかっていう部分が、かなり欠落してるのに気づいて。多少の想定はあったんですが、弱いというか……これじゃただ「良い子すぎる」みたいになってもおかしくないなあと。
前段の設定を付けたすことで、過去の罪悪感や経験から来るものとして、よりリアルに出来そうかなと。まあ基本的にはただ暗くしようと思ってあれこれ考えていただけなのですが←
結果としてイザヤの生い立ちとかの設定はかなり変わる感じです。あと使用武器は半月刀になるかも(何 これは単に、前さややんに描いてもらったアラビア衣装なイザヤのイメージの影響かな;
伴ってトウカも、お姫様という設定まで変わるわけではないのですが、色々変わりそうです。というかザトリア編のラストまでイザヤ達とは合流しないかも知れない……。この子はこの子でなぜイザヤと行くことを決めたのかとか、もっと克明に描いていけたら。
この二人の関係はもっと深く描けると良いなあ……。
あと重要な(?)こととして、ユウジとサーシャが出てこない!? かも。イザヤの背景変えたらなんかうまく出す余地がなさそうな気がしてきた;
さらには高見の位置づけがまだ未定に近い感じだったり……。この子は第三勢力的に扱ってもいいかなあとか思っていたりするのですが。

そんなこんなで、色々考えつつ……。
まあ胡蝶はまだまだ書かないので、引き続きのんびり温めつつ、ホワイトフィールドの方をどう進めるかかな。
頑張ります。

Posted on 2017/09/25 Mon. 00:28 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

25

寝かせ中 

後半の掲載用編集、いくつか説明的な場面を追加したりして大分全体像が見えてきたので、寝かせ中です(笑)
ここからは本気で文章書かなきゃいけないので、土日中心かなあ。まあ基本は気まぐれなのですが←

今日はちょっとした自分メモ。

前の記事で書いたホワイトフィールドのタイトルとコピーの話の続きで、高校時代に書いた話(基本、完結した奴)をつらつらと思い出してみるに、何か共通した空気があるなあって言うのが見えてきて。
それが何とは言い表しにくいけど、遠くへ向かう感じと、光……? 優しさや暖かみより、無色系の強い光かなあと。(まあ読み手にどう見えていたかはわかんないけど、書き手としての自分の手応えみたいな話)
で、そういうのを書く時の前提として、光が見えると言うことは当然、今居る場所は暗いわけで。
……基本的に自分、暗い話しか書かなかったよなあっと。そういえば。
ハリウッド的な?王道スタイルのシナリオ構成(自分が使ってた教材とかね)だと、主人公はまず「通常」の状態から何かを奪われて「転落」し、そこから「這い上がり」「勝利する」ようなイメージなんですけども。
自分の書く作品って、最初の状態が既に「異常」で、最初からズレていたものが拡大する中で一番底で何かがかみ合って、そこから一気に上昇に転じる(けどその先に「正常」があるのかは不明)、みたいな感じなんじゃないかなあと……(わけわからん言い方で済みません)
つまり「光」から「闇」へ、でまた「光」に戻るのではなく、最初から闇で最後に光が見える、というような……。ずいぶんざっくりした概念的な説明ですけれど。
まあ要するに暗い話、っていう(笑)
なんというか自分の場合、「光」→「闇」というベクトルの展開が下手なのかもしれません。「闇」→「光」の一択(笑)。元々暗い状況が混迷を深めていくとかはまだ書けるんですけど。
でも投稿とかでシナリオの筋立てをきちんと考えた時には、作法に従って、なぜかどうしても「光」からはじめようとしてしまっていたのかもなと。だけど闇に落とすのがへたくそだから、盛り上がらない(笑)
そうじゃなくて、自分の得意からすると、最初からとことん歪んだ状況に主人公を放り込んで、そこからどう光に向かうかを描いていった方が良い気がする。
ってなると必然的に初っ端からかなり酷い世界観とか状況を前提として描くことになるわけで、で昔はこんなの書いていいのか!? みたいな戸惑いがいつもあった気がするけど。なんというかもう、そこはそれとして突っ走るべきだよね、と。(笑) 何処にも問題のない物語書いたって当然面白くないわけだから;

そんな感じで、思ったことをメモしようとしたんだけど案外書き表すの難しいわこれ……。
うんまあ、最初っから容赦なく暗い話を書くほうが自分の作風が生きるかもね、ってことなんですが(身も蓋もない)
(ちなみに暗い話=キャラが暗いってことではないです。むしろ歪んだ世界観+健全な主人公って組み合わせは割に書いてたような……?)
自己満足メモしたところで、今日は寝よう。

Posted on 2017/09/21 Thu. 22:38 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

21

枠は出来てきた? 

というわけで(?)後半の掲載用編集をはじめました。
まあ編集と言っても、後半の場合はまだ文章が抜けまくりで、現状だと微妙に分量の予測も立たなかったり……。余計なこと考えずに先に文章キレイにする方が優先かも知れません!?
仮で今、8話ないし9話の構成になるように場面を区切ってあったりはするんですが。ここからどうなっていくかは、ちょっと謎。
あとは外伝に回すつもりだったリーエ達のその後の見通しの解説、場合によっては本編にぶち込むかもなーとか……。最終話がネリアとルージアの再会シーンだけだと極端に短すぎて(ここは変に詳述して盛り上げすぎたくない場面でもあるので長くは出来ない……)、まあ一つ前の話数の分量が多くなった場合は終わりの方を移動してくることになりそうなのですが、そうならなかった場合は、外伝を取り込んじゃうのもアリかなあと。
つまりどっちにしろ文章をキレイにしないと何とも言えないのですが……。
頑張ります;;

平行して、というよりは出来心で(?)、カクヨムのほうへの掲載準備もちょっと進めてみたり。
まだ作品自体の準備には早いのですが、キャッチコピーとか作品解説の画面だけ、ぼちぼち作ってみているのです。
というか前に中途半端に掲載したりした関係ですでに作ってあったんですがね。思いつきでコピーとかまるっと差し替えたりしていました。
今まではミリタリー系とか島などの舞台イメージを匂わせるような、つまり中身のわかるような感じのコピーを考えていたのですが、どうもインパクトに欠ける(笑)ような気がして。
この作品に「ホワイトフィールド」と名付けた高校当時の自分の感性を信じて、むしろタイトルの説明をするかのような?コピーにしてみたら、何かそっちの方がちゃんと作品のコアを表せてる感じがした。高校生の自分凄い(待て
あとはそれに合わせて、作品解説の方でちょっと具体的な言葉で補ってみたりとか、内容を今までより踏み込んで書く感じでバランスを取ったりとか、そんな感じかな。
こういうの考えるの結構楽しいというか、うまくはまった時に凄い作品を書いたような気分になるので(待て)いいですね。中身は所詮変わらないのですが!
作品をどう定義づけて提示するか、というところの話。突き詰めると色々と発見があって、楽しいです。

Posted on 2017/09/18 Mon. 21:47 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

18