FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

空と桜と水の輪と

趣味で書いている小説の話題を中心に、気ままに綴るブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

雑感的野望 

書き始めると書く気になる謎の法則により連投です。

今考えているのが実は、ホワイトフィールド書き直したいなってことだったりして……。
ノリでコンテスト出してみたり(超途中なのに出せる不思議なコンテストだったな……笑)、いろいろ有り難いコメントもらったりしているうちに、やっぱりまだまだ踏み込みの甘い作品だなっていうのがはっきりしてきたのと。
一方で、こうして続きを書いたことで、彼らの物語が驚くほどしっかり自分の中に生きている手応えを感じられたのと。

具体的には、やっぱり特にルージアですねー。最初の短編はともかくとして、続編(現第一部第二幕)を書いた当時まだ、キャラの内側の描写ができるようになる前だったのもあって。全然、中身がちゃんと書けてないんですよね。
一方で、それは力量がないから「描けていない」だけであって、自分の中にはかなりはっきりとした手応えがあったりもするんです。
(ちなみに、この島を出たばかりの大事な時期の描写が抜けているため、最近書いた第三部を含め、結局ルージアに関しては外側目線の描写に徹していたりします。今さらだと色々不自然になっちゃって書けないんですね……)

実際の所、大学ぐらいから書いた幾つかの話より、この中高生時代から付き合ってきたキャラの存在感というか実感っていうのは、私の中では凄く鮮やかで。
この子達をちゃんと書いてあげたいな、という気持ちが強くなってきています。
……ただし、今書いたらきっと、当時とは別物になってしまう……という確信もあります(笑)
曖昧さ故の綺麗さというのか、今の自分には出せない部分が絶対にあるので。

というわけで以下、ぼんやり考えているリライト内容メモ(ネタバレ全開)。
リライトというか、現行作品は『原作』みたいな位置づけになる気がするんですが(笑)
まずジャンルというか、意識付けとして「架空歴史ファンタジー」で書こうかなと考えています。
よりリアリティを追求する意識で。舞台背景とかもしっかり組み直して。
……まあ、考えすぎるといつまで経っても書けないのでほどほどにファンタジーで逃げつつ(笑)
「近代化」と「民族(意識)」をテーマにして書けたらな、と。

第一部はルージア主人公。民族対立の続く島を逃げ出し、大陸で生きようとする少数民族の少年の物語。
コアイメージとして「永久凍土で鳴り続ける『エリーゼのために』」という、不思議な空気感だけまず最初に浮かびました(笑)
ざっくり考えてるのが現一幕の短編は削って、ルージアとネリアは離散した状態で始めても良いかなあと。ネリアは施療院に保護されていて、ルージアはディルの所に置いてもらってるイメージ。(一緒に保護されたけど引き離されたのか、最初からバラバラに収容されててお互い行方不明状態なのか、どっちがいいかな……)
冒頭で大陸に来ての二人の空白的な感覚を強く押し出しつつ(現行の作品で描写が抜けてしまっている大事なポイント)、逆算で背景を明かしていく感じかな。父親とのこととか家族の関係とか、もっと丁寧に描いて行けたら。
(丁寧にも何も、子供の頃には全く考えていなかったし、考える基礎となる知識もなかったわけだけど。何せ戦争=第2次世界大戦だった頃だから……)

最後はルージア一人が出奔して、ネリアは港に留まる流れを考えています。
ぼんやりだけど盗賊になるとか、ルージアは何かよくない感じになる別れ方。でネリアのことは振り払って突き放しちゃう感じ。
だと、ミューゼンフィガーの設定が要らなくなるので、そこのキャラであるデュナとディゼルは、名前が似ているからディルの親族にしちゃおうかとか(安直!?)。食堂経営しているのは同じで、ルージアは最初そこにお世話になる感じかなあ。
キイスは情報員(か何か役人)にして暗躍させてもいいかもしれない。ラレルは船長のままだけど、この人改名したいなあ……ラ行の名前が多すぎで、ラレルは比較的、この名前じゃなくてもよくない? 感がある人なので。
あ、間抜けなルビンをどうするか考えてなかった……まあ間抜けな従業員とかにするかも知れない(適当!?)
あと重要な点として、現行、ルージアはわりと優しい大人達に見守られてる感じですが、ちゃんとルージアの内面を書くならここは同世代との絡みをメインにしたほうがいいかなあと。デュナとディゼル(似すぎてるからティゼルにするかも)は味方的に、そして敵というか危ない感じの絡み方をしてくる新キャラとして、チェスカとルチルの兄妹が脳内に浮かんでます。
チェスカ達が盗賊か何かで、ルージアが最終的にそっちに行く感じかなあ。雑踏で突然「おまえ、ヒトゴロシだろ」と囁く、謎感満載の登場シーンが浮かんでいたり(笑)

こうして書いてみると既に結構分量があるな……; まだ中身スカスカなんですが!?

第二部はアイゼムがメイン。民族対立の続く島で、「どちらでもない」を生きてきた少年の話。
この子のことが、現行第二部では実はほとんどちゃんと書けてなくて。撃たれたきり死んじゃう役どころなので妙に弱々しいイメージがあるんですが、本当はかなりしたたかな子なんじゃないかな? という手応えが、私の中にはあって。
その辺を突き詰めてみたい、というのがテーマになると思います。
それこそ手を差しのべてくれた天使のような双子に、歪んだ復讐心を抱いて、守られている振りをしながら傷つけようとしている……ぐらいの感じ。
実は第二部本編をカクヨムに載せようと編集中、今の自分の頭で色々と突き詰めて考えてしまうと、イールとアイゼムって本当に仲が良いのか!? とわからなくなってきて……(笑) じゃあいっそ納得できるように書いてみよう、と思ったら何故かこんなイメージです;;
アイゼム視点ではイールはただの善人で、エーレの死で少し壊れてしまった?みたいな感じ。イール側では実はほとんど全てわかっていて、無理やり受け入れようとしているみたいな……それはそれで少し歪んだ感じを出せたらなあと。双視点は難しいけど、両方かけるのが理想ですね。
現行では限りなく曖昧にしているのだけれど、アイゼムが死んでほっとした、みたいなイールの心情も正面から見せられたら。
形としては前編後編で、前編でイール達との出会いからエーレの死までのことをちょっとちゃんと描いてみたいなと。後編が軍に入隊してから、アイゼムが死ぬまでのこと(結局死ぬのは変わらない……。生死のレベルの設定は変えないつもりで居ます)

問題が第三部で、一・二部の変更を踏まえると、現行とは全く違う物にならざるを得ないよね!? ていう……。
現行第三部はあくまでも第二部までの展開に穴があることを前提にした穴埋めで結末なので、絶対同じには出来ないのです;;

今のところぼんやりとイメージがあるのは、島の占領が進む中、ルルーク族に文化人類学的な興味を抱く好奇心旺盛な少女リーエ(現第三部のヒロイン、ルルーク族の巫女……全く違うじゃん;)と出会ったネリアが、かつての恐怖の島に足を踏み入れる話。
そこでルージアと再会して、真正面から二人がやり取りする解決編を描けたらなあと。
書き直しの第一部の中で、解決に必要となる、欠けるピースが何なのかまだ明確には見えていないので、どう埋めていくかもちゃんとしたイメージがないのですが。
後ルージアが何故島にいるのかのイメージが全くないのですが(根本
最終的に、リーエは実はルルーク族の血を引いており、ルルーク族を憎み、古い血を引くルルーク族(具体的に書くと第三部のネタバレになるのでぼかします)を殺してしまう……という、謎の衝撃展開を考えていたり。

あとこれをつらつら書きながら考えていたのが、ルージアとネリアの間の障害になる事項として、現行ではレーンのこととリエラさんのことのふたつがあるんですが、これどうしようかな? と。
レーンのことだけでも行ける? とか、逆にレーンのことの解決は早めてリエラさんのことをメインにする? とかふらふら考え中です。
ネリア側からはレーンの、ルージア側からはリエラさんのことが大きく障害になっていて、最終的にそこのズレを解決する……っていう現行の流れを踏襲しても良いんですが。
どうしようかなあ。

そんなこんなで、現状のメモでした。
長くなった!

Posted on 2018/04/22 Sun. 00:13 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

22

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://es0501.blog.fc2.com/tb.php/13-26032cf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。