10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Empty Space

日々の出来事とか 創作のネタなど 気ままに書きます

今更なんだけども 

たまたま大学の頃のメールを見返していて、シリスとティレナの話(タイトルがないというか色々変わって定着してない;)の断片を見つけまして。
(なぜメールにあったのかは謎……。それにしても、PCメールというものをまともに使っていたのって思えば大学の頃までなんだなあ。今はほぼ通販とかで、受信ばっか……)

ふと気づいたんだけど、この話ってティレナを視点キャラにして、シリスとの出会いから始めたら上手く書けたんじゃないかなって。
固定ペアじゃなくて、とある仕事の依頼を受けたときにパートナーとして紹介された相手がシリス。で、その仕事の内容がレイユの発見と護送、みたいな?
それだとシリスに仕掛けた謎が上手く描写できるし(デフォルトだとティレナは全て知っていて、レイユ目線から謎として描き出していったんだけど、レイユ自身が一番の謎キャラだから謎だらけで書きづらかったんだよね……)。レイユはすっぱり、自分でも全く何も知らない状態にして。
そうなると、視点キャラがティレナで主役がシリスって感じかなー。レイユは対象物というか、なかなか捕まえられない謎のアンドロイドという感じで、主観はあまり入れない。と、カイルについての描写もやりやすくなるし。
あとこの作品は、ストーリー重視タイプだなと気づきました。それなりにキャラに思い入れはあるんだけど、キャラの内面とか変化が重要って感じじゃないんだよなー。
なんていうか、話によって自分の目線とキャラの目線が重なる感じのときと、こう外から見てる感じの時とあるんですよね。それがキャラ重視か否かの境目だということがなんとなくわかりつつあるような。……自分の感覚上の区別なので、他人に説明は出来ないのですが!
好き嫌いとか、思い入れの強さというより、なんていうか皮膚感覚的なものの違いなのですよね。……うん、やっぱりよくわからないと思いますが。

しかしストーリー重視として、それが一体どういうストーリーなのかは、実はよくわからなかったりします(おい
……謎が謎を呼んで謎だらけの作品ですが(何)一番のポイントととなる謎はシリスの正体、かなあ。それともうひとつ、レイユの正体のほうと、ふたつの謎をどううまく使うか……っていうのがたぶん、重要(かつ、今までうまく出来てない;)なのかなあと。
このふたつをうまく組み合わせてストーリーを作れたら、それがこの作品の、今まで見えてなかったコアストーリー。そういうことなのかしら。

あと若干やっかいなのが、ティレナって、ストーリー上まったく『独立した』存在なんですよね。全ての謎とドラマの外側に彼女はいて、案内役というか、調整役というか、ツッコミ役というか(笑)なので。
シリスやレイユを中心で考えてたときはそれで良かったんだけど、ティレナを視点キャラにしようと思うと、(必然的に『主役』の位置づけになる)シリスとの個人的な関係性がまったくない、ただのビジネスパートナーというのでは……ちょっと弱いかも?
もともと、このふたりには仕事のパートナーとしてのずば抜けた信頼感はあるものの、個人的な感情ってあまりないイメージなんですよね。仮に組織の命令でパートナー解消ってなっても、あっさり別れてそれっきりみたいな……後腐れのない関係というか。お互いに何かあっても基本他人ごとだと思ってるし(笑)、まあ出来る手助けはするんだろうけど、それだけっていうか。一緒に慌てたりはしないんだろうなっていう(笑)
その距離感がお互いに心地良いってのはあるんだけど、とはいえ作中の全ての謎と結末が視点キャラにとって『他人ごと』というのは、作品としてどうなのか? と(笑)
作品冒頭で出会うようなら余計に、いかにこのストーリーを視点キャラにとって重要な事件として仕立て上げていくか……というのが、一ひねり必要なポイントかなという気がします。
……キリルかカイルのどっちかと昔会ってて影響受けてるとか? ティレナの両親の設定、なんかの形で絡めるかだなあ。

つらつらと書いてしまったけど、この作品を書くのかといわれると、可能性はかなり低い気が……(笑)
追記:
って、記事を書き終えたあとふっと思いついたのが、ティレナの父上(母上でも良いけど。両方ともえらい研究者の想定)がカイルの論文盗んだ疑惑で学会追放されてて、ティレナは無実を信じてるけど、世間的には犯罪者扱いされてる。で、汚名をそそぐまではいかなくとも真実を知りたいと、そう思っているところにカイル絡みの依頼が舞い込んだ……っていう状況にしてみるとか。
(ティレナの両親は亡くなってます。ライバルに嵌められて学会追放された挙げ句殺された設定だったけど、彼女が闇組織にいる背景として作った設定で、あまり深い意味はなかった)
そうなれば俄然真剣みが変わるだろうし(笑)話の結末にティレナ自身をうまく噛ませる方法もありそうかなあ。
……いや、たぶん書かないんだけど。(笑)

Posted on 2016/04/27 Wed. 00:31 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://es0501.blog.fc2.com/tb.php/305-f306c29a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list