10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Empty Space

日々の出来事とか 創作のネタなど 気ままに書きます

変えました 

結局、ダムキナはディルムに変更してみました(笑)
敵の都市の名前もウルにして(ディルムと併記したときにウルクよりウルの方が響きのバランスが取れるので変えた・・・。なお、史実の都市ウルの守護神はナンナです(笑)。どゆこと)、エアの出身都市の名前はテシュプ(別の神話系統の神さま)からデール(実在の都市の名前)へ。
うん、満足。
こういうのはソフトの単語置換機能で簡単にやれるからいいですね。戻そうと思えばすぐ戻せるし。
しばらくはこれでいってみます。

じつはこの修正をかけようとする直前(あとでなかったのが不幸中の幸い)、しばらく目を離した隙に、パソコンが勝手に再起動して書いたもの消える事件が発生して・・・(泣)
書いたもの消されるって、一番許せない事象。パソコンの機能的にも欠陥過ぎてどうなのと思って、当たり前に回避方法あるんだと思ってたら、私が使っているOS(windows10のhomeエディション)では回避策が抹消されたことが発覚・・・!
何考えてんだマイクロソフト。
と思って、色々調べていたら、Proエディションであれば回避策が使えるようで、それなりに高かったけど速攻でアプデを決断。
もうこれ以上パソコンの面倒なあれこれに時間とられるのはうんざりで、それくらいならお金かけるほうがましだと思ったのだけど、まあ調べていくうちにProエディションは「仕事でパソコンを使う個人向け」の位置づけなのがわかって、そして去年からの持ち歩き用PCの入手やら買い換えやらの過程で自分のニーズは「仕事向け」のほうに近いとわかっていたので、それなり納得してのアプデではありました(あとこのPC買ったとき予算より安く買えたので、アプデ金額合計してギリギリ当初予算くらいだったから抵抗なかったのかも・・・。最初からPro買えば安かったけど、こんなこと予想してなかったからなあ)。
仕事用じゃないんだけどね・・・。ただまあ趣味で原稿用紙何百枚もの文章書きまくる人ってどんだけいるのという話で(笑)、使い方の分類的にはたしかに、お仕事っぽいのかもしれません。趣味用途ってなるとゲームとか向けに映像とか動画機能強化したりする感じになるのかな・・・。そっちのほうが高度じゃんって素人的には思うのだけど(笑)
ただ開発側が想定している使い方の差で、色々細かい違いは出てくるのでしょう。たしかに趣味でネットやゲームをするだけなら、勝手に再起動してデータが消えるリスクはそんなにないだろうし・・・つけっぱなしのまま長時間画面の前を離れない限りべつに回避できる話なので。一日中断続的に作品を書いて、画面の前にいないことがざらにあるような、私のような使い方はおそらく一般的に趣味ではやらない(笑)
でも絵描きさんとかどうなんだろ・・・。趣味で創作的なことをするひとは騙されずに「仕事向け」Proをえらぶべき?
いずれにせよ、ライトユーザーとヘビーユーザーの二極化は時代の流れだろうし、あわせてOSも二極化するのはそれなり理があることなのかも。・・・最初からもっとわかりやすく説明してくれよって感じですが!

で結局、何をしても消えてしまった文章は戻らないのだけど、代わりに(?)何かのスイッチが入って、3章ラストまで残っていた2シーンほどを埋めることができました。
とくに戦闘後エアとベルの会話は、エア視点で書きたかったけど、上手くうかばなくて、途中からベル視点に切り替えるつもりだったんですが・・・今回なぜかするっとエア視点のまま上手く書けて、びっくりしました。こういうの嬉しい。
書いてみて初めて、ああこの子はこんなこと考えてたのかってわかることがあるんですけど、今回もそんな感じ。なんというか自然にエアの感覚に入り込んだまま書けたような。それであとから自分で理解して納得する(笑)
エアにとって・・・ここの台詞は、難しすぎるんですよね、生半可な覚悟で言える言葉じゃない。それをなんで言えたのか・・・ぼんやりはあっても、明確にたどるのは難しいと思っていて、だから外側のベル視点から書くしかないかなと思っていました。
でも書いてみて、逆に、覚悟はなかったんだって気づいた。むしろきっちり考えて覚悟してたら重すぎて言えない。そうじゃなくて・・・あんまり考えなしに、ある意味嘘のつもりで、単純にベルのために言ってあげてるだけ。それをあとから自分自身で受けとめ直して、逃げないで、そのとおりにするって決めたんだ。
そしてエアにそうさせた動機はベルの祈りで、だからこの場面ではじめて、エアはベルを認めたんだと・・・。そういうことが、予想外にちゃんとわかって嬉しい。
しかもちゃんとエアが裏切りそうな気配も残しつつ← そう、この縛りがあるからエアの内面って書きづらいんだ・・・!;
エアがあまり、頭で考えずに感覚に従うタイプなのは、幸いというかむしろ必須条件ですね。彼がきちんと思考するタイプだったらきっと裏切らないことがバレバレになってしまう;
まあ、エアの描写上の位置づけはスパイみたいな感じなんですが。ディルム(ダムキナ)の敵ではあるけど個人的にベルの味方、になってくれそうな・・・それでどうなるの的な方向で。
本当の黒幕はしっかり別にいるけど。こっちはこっちで色々伏線張るのが楽しい。

細かい描写はとんでいるので、これからちまちま埋めたいところです。
いい加減三章脱したい(笑)

Posted on 2016/08/11 Thu. 19:59 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

11

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://es0501.blog.fc2.com/tb.php/321-cd17a515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list