10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Empty Space

日々の出来事とか 創作のネタなど 気ままに書きます

肉付け中 

さて、今日は私の誕生日です。
だからというわけではないんですが、そろそろ執筆再開モードです。

最終章の1シーン目、解説の台詞に描写を肉付け中。
なんというか、第一章~第五章までの伏線を全部回収して説明するようなシーンなので、今までの総振り返りみたいんなっちゃってて、めんどくさいけど結構楽しい。
特に前半部、三章まではほぼ全部が伏線みたいな感じなので(笑) ひたすら裏をばらしていく感じ……。
とはいえたんなる説明文になってしまってはつまらないので、ベル、エア、ラームそれぞれの立場と感情を交えつつちゃんと場面として成立するよう、心がけて書いています。動きがないので、台詞が多くなっちゃうのは致し方ないけれど。
ベルはわりと呆然としてるだけだし、ラームはもとから感情が表に出にくいキャラなのでこういう場面ではかえって書きやすいのですが、一番困るのがやっぱエアだな。どこまで感情見せていいのか……。
性格的には感情的になってもいい子なんだけれど、流れ的にまずいというか、ここでエアが深刻になりすぎてしまうと……っていうのがあって。この子にはやっぱりある程度、泰然としていてほしいかなあ。
前に書いたエアの台詞は結局、ベルの結論先取りしちゃう直前くらいでぶった切って別の台詞に差し替えるという強制手段をとってみました。
まあこれはこれでありかも? むしろ上手くつながったような……。
さすがにエアはぶれないというか、痛いとこ突くなあという感じ。ラームのほうは……あれ、なんかしれっと話そらしてる?;
論争と言いつつ、ラームの方の結論は確定している感じで、ほんとはまともにエアとやり合う気はないんだよなあ。成り行きで論争みたいになってるだけで。

あとは「原初の巫女」ことディルミアちゃんを描くのが地味に楽しかったりする(あんま出てこないけど)。
楽しい……と言っちゃってはいささかどうよって感じの悲劇のお方ですが……。あまり詳述できないので、余地をもたせて描写するのが楽しいのかもしれない。
冒頭部の歌、ディルミア視点にしようかなあ……と思いついたらなんだかいい感じそうではやく書き直したい。現行のはまだ仮っぽくて、あまり気に入っていないんだよね。
まあ今書き直すか、対応するエピローグの歌を書きながら考えるかは微妙なところ。すくなくとも今の場面は書き上げてからかな;

うし、がんばるぞー。

Posted on 2016/11/06 Sun. 19:24 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://es0501.blog.fc2.com/tb.php/340-7eaa11d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list