10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Empty Space

日々の出来事とか 創作のネタなど 気ままに書きます

平行中 

この土日は学会(西洋史の)に行ってきました。
大学を出てからも時々、顔を出していたりする……。勿論小説に役立つ知識を仕入れるためです(笑)
なので狙いは初期中世フランス、14世紀イギリスあたりなのですが、今回ドイツばっかであんまり当たりなかったなー。まあ、自分の関心ぴったりの報告なんてまずあった試しがないのですが。(時代と地域だけでもかみ合わせが無限にある上、研究の主流みたいなのに当たってるわけでもないから、しょうがない)
でも中世初期のイギリスや、ドイツだけど農村裁判の講演なんかは参考になって、面白かった。大概狙ってたとおりの知識はないんだけど、意外なところで面白いネタに当たるんですよね……。
だからこそ自分で探すのとは違う、発見があるのですが。
あと書籍販売で面白そうな本をいくつか見つけたり。お金あんまり持ってなかったので買えなかったですが(高いんだこういう本;)、書名だけはばっちり控えてきました!
これまでは結構、思い出したら、とか縁があったら(先輩とかの報告があるとか)行く感じだったのですが、できるだけ毎年行くようにしたいなとは思っています。遠方なので(今回は東京)、出費が痛いのですが!

で、学会はやっぱりクロードの話を一番、竜の宝珠(歴史版)を二番目あたりに念頭に置いて見ているのですが、ホテルに戻ったらノートパソコンでホワイトフィールド書いていたという(笑)
今一応、3話目まで雑に(穴だらけの状態で)書いてあって、ちまちまと埋めている感じ……。ディルム書いててあんまりよくないな、と思ったやり方ではあるのですが、まあこの話の場合はあまり文章の完成度を求めてないので。
ていうか、プロットないと流石にこうなるよね、というか……(笑)
通してみるとなんだか、イールの態度がブレまくりなのですが(最初妙に冷たいと思ったらリーエからかって遊んでたり、急に優しくなったり)まあ、この子はこれでいいか……とか思ってます(適当) いや、別に投げたわけではなく!;
その時々の感情の変化が、割と素直に出る感じで、らしいかなあと。感情そのままぶつけるタイプじゃないんですが……なんていうか、よく変化はするけど、振れ幅は大きくない感じ?
ルージアだと変化そのものが少ないんだよなあ。振れ幅が大きいのはレーンか。そんな感じで、みんな違うのかなと(笑)

クロードのお話のプロットの方は、結局出来るだけ要素を削りつつ賭けまで終えて(二章くらい)、その段階でエドワードと別れ、そのあとにウェールズ編の残りの要素を書く感じにしようかなあとか考えてます。
むしろウェールズ編は、長くなるイメージ。賭けからの流れで、一続きで書いていた事件を分離させて単体で膨らませて書くことになるので。ヤンとチャンドス卿も、その中で出てくるかなあ。
もともとここではエドは近場のお城へお出かけしていたのですが、これをロンドンに帰る流れにして、プロット上必要なエドワードとの離別に当ててしまえばいいかと……。
あとは史実メモ見直してウェールズ滞在は13~14歳ぐらいでもいいかなあとか。再戦の流れが決定的になったあたりでロンドンに帰って、ロンドンの様子とか、少しそれらしく入れられたら?
遠征が大分先になるので、間延びしないようにとか、時系列しっかり考え直さないといけないですが。
いずれにせよお勉強が(以下略)

ふたつの話が平行して頭の中で動くのは、自分的には珍しかったり……。
クロードのお話の方はまだまだ書きようがないからかもしれませんが(笑) 何にせよ、気ままに行こうと思います(適当

Posted on 2017/05/21 Sun. 22:49 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

21

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://es0501.blog.fc2.com/tb.php/363-c2ce449d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list